国立大学志望者は全教科勉強している。
国立大学志望者は、3教科(=私立大学の理系学部の受験科目である英語、数学、理科)にかけられる時間が、はじめから3教科しか勉強していない人が多数含まれる私立大学とはぜんぜん違う。

つまり、国立大学は見せかけ上の難易度が実質の難易度よりも低めになっている。実態は全教科負担なのだから国立大学は早慶理系よりも難しい。

はじめから私立3教科に絞っている人っていうのは、英数理しかできない国語社会クルクルパーな人が多い。私立理系が就職に弱いのは、そういう残念な頭の人が多いからだよ。