だいたい見開きごとに書いている一言感想です。一緒に読めば追って実感できるはずです。
扉絵。両津さんは、独身だけど、ほぼ家庭を持っているようなモノですよね。

自転車の歩道と車道問題。国土というか、交通網の整備の段階で『自転車専用道路』を作るべきだったのだよな。多分。

まさかの労働問題。そういえば、こち亀で警察官の不祥事を取り上げて欲しいな、とふと思った。ふーむ。電動でバイクみたいに走る自転車欲しいなぁ。

超小型モビリティ欲しい。ふーむ。車の運転が(免許はあるけど)、できない私としては、こういうのが普及して欲しいな。どれくらい気楽なのか分からないけど…。

ふーむ。まるでニュース番組を見ているようだ。OEM化の部分に秋本先生の熱い気持ちを感じる。さんぴん茶?

似てるよ!ガヤガヤ!ミニ四駆やんwww。

実際には、部材の強度とか、構造力学的な問題もあるのだと思うけど…ミニ四駆形式は、結構、良いのじゃないか?と思えるが…。

ふーむ。1台8万円に、広告車か…。面白いアイデアだけど、多分、普及しすぎる問題が出てくるな。多分。

レッドスコーピオンwww面白いwww。ようなミニ四レーサーやね。

まさか、身内から崩壊とか…。私の想像とは違うオチだったけど、面白かった。案外、そのうち、世の中に出てくるアイデアもあるのでは???


「富士登山駅伝競走の巻」

正直、両津さんが可哀想に思いました。足の怪我を自分で治療している部分が物語のキーでしたが…。まぁ、『スタンガン』が出てきたり…過去の事例から行くと、『お金』で釣るのが一番効果的に思えますが…。
こち亀「富士登山駅伝競走の巻」は両津さんが可哀相だ…ジャンプ感想2012年40号4-1ネタバレ注意!

「海へ行こうの巻」

怖いけど、なかったら困る『流』なのですね。『環境保全』という言葉は、久し振りに読んだ気がします。ところで、非常に重箱隅的ですが…砂浜の様子を確認すると、子どもらしい人影がェ…。浮き輪しているし間違いないだろうな…。
離岸流(りがんりゅう)?こち亀「海へ行こうの巻」リアルスコープ?ネタバレ注意!ジャンプ感想2012年41号5-3